プリベンタ・マグ

窒素を抑え環境ストレスに強い植物体を!亜リン酸パワーで栽培革命!!!

亜リン酸マグネシウム液肥

亜リン酸とマグネシウムの相乗効果

プリベンタ・マグ 発根・活着が促進されて肥料の吸収が良くなり、体力がついて病気に強くなります。

 

プリベンタ・マグ PDFダウンロード

プリベンタ・マグの特徴・効果

野菜
  • プリベンタ・マグを使用すると、発根・活着が促進されて肥料の吸収が良くなり、環境ストレスに強くなる力が養成されます。
  • マグネシウムは植物体内で亜りん酸の移動を助け、細胞分裂や糖代謝に深く関わります。また、マグネシウムと亜りん酸を同時に施肥することにより、亜りん酸の吸収は著しく良くなります。
  • マグネシウムは葉緑体内の中心元素で光合成能力を高め、酵素の代謝を活性化します。さらに亜りん酸で発根が促進されると同時にマグネシウムより根酸の量が増え、養分吸収が盛んに行われます。
  • 花芽の充実、着果・結実の促進、糖度の向上(果樹等)、徒長抑制、日照不足改善に有効です。

使用方法

500~1000倍の希釈し、散布間隔は1周間以上空けて葉面塗布して下さい。農薬混用時は1000倍程度に希釈して散布して下さい。使用原水にもよりますが、500~1000倍希釈時のpHは1.0~2.0下がり、弱酸性になります。

期待できる効果と対象作物
作物 効果
イチゴ 草勢維持、日照不足改善、糖度の向上
果菜類 花落と防止、成り疲れ予防、苦土欠乏防止
葉菜類 葉中硝酸態窒素の減少
スイカ・メロン 苦土欠乏防止、糖度の向上
果樹(リンゴ・ブドウ・柑橘類・梨類) 初期肥大の促進(細胞分裂の促進)、着色促進、養分転流の促進、日照不足改善、糖度の向上
ビート・甘藷、馬鈴薯等 初期肥大の促進(細胞分裂の促進)、デンプンの増加、日照不足改善、糖度の向上
豆類 花落ち防止、増収、品質向上
水稲 食味向上
花き類 葉色の改善、花芽の充実、花持ち向上、発根促進、日照不足改善

使用上・保管上の注意

  • アルカリ性農薬や石灰硫黄合剤、銅剤との混用は避けて下さい。
  • 夏季の高温時、高濃度での葉面散布使用は避けて下さい。
  • 直射日光、高温多湿を避け、乳幼児の手の届かない場所で保管して下さい。